よくある質問 | 株式会社ISC|京都市の放課後等デイサービス ハーブ

放課後等デイサービス ハーブ

見学はできますか?

子ども達が利用していない時間帯での施設の見学は可能です。まずは保護者様のみ面談にお越しいただきご相談ください。
『活動』部門の体験では、子ども達が利用している時間帯でお越しいただけます。
『学習』部門の体験では、個別で対応させていただきます。

利用料はいくらかかりますか?

受給者証記載の『負担上限月額』と『サービス提供に必要な実費』の合計額が利用料となります。
『負担上限月額』は各ご家庭の収入や1か月の支給量(利用の上限回数)によって、各自治体が定めます。
主な実費は、おやつ代・クッキング代・制作費・お出かけの際の施設入場料・パソコン教材費・プログラミング教材費です。

だれでも『学習』部門を利用できますか?

療育の観点から必要と考えられる方のご希望にそっております。
通信制高校の単位取得のための課題や、不登校児の学習もご相談に応じています。

ハーブの特色は何ですか?

『活動』部門と『学習』部門があります。
内容については、活動内容のページをご覧ください。

送迎はありますか?

平日は、学校へお迎えに行き、ご自宅へお送りさせていただいております。
学校休業日は、ご自宅への送迎をさせていただきます。
事業所から特に遠方にお住まいの方は、ご相談くださいますようお願いいたします。

学校休業日の利用はできますか?

土曜日、祝日、夏休み等の長期休暇もご利用いただけます。学校休業日のサービス提供時間は10時から17時です。
日曜日は定休日のためご利用いただけません。

ハーブの対象年齢を教えてください。

小学1年生から高校3年生までご利用いただけます。

ハーブを利用するためにはどうしたらよいですか?

ハーブのご利用には受給者証が必要です。お住いの市町村の児童相談所にお問い合わせの上、「受給者証」の取得申請を行う必要があります。
「受給者証」の支給が決定すれば初めてハーブをご利用できます。
すでに受給者証をお持ちで放課後等デイサービスをご利用されている場合は改めて取得する必要はありません。ご利用の流れ(ご利用の流れページリンク)もあわせてご確認ください。

その他、質問がありましたら、お気軽にお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
PAGE TOP